Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
スクリーンに映し出された詩
<< うたを。 | main | エネルギー革命 >>
ナウシカの想い
みなさまお久しぶりです。

歌を歌うことや、生きる道に迷い、先月より日記が書けなくなっていました。まるで『千と千尋の神隠し』の顔なしみたいに透明になってしまいそうに、ただ存在していました。

ライブもレコーディングもせず、そうしてボーっといているうちに、大変な震災が起きてしまいました。テレビや新聞、ラジオで見聞きする情報は悲痛なもので、福島原発はまだまだ予断を許さない状態です。
地震は天災であるが原発事故は人災です。
被災地の復興と福島原発事故の収束を祈りながら、しかしいったいこの事態をどのように考えていけばよいのか、私にはまだよくかわかりません。

昨日たまたまスタジオジブリの特集を見て、驚きました。

―高度経済成長の影での環境破壊。
メチル水銀が工業廃水によって海に流され、魚介に蓄積した。
その魚を摂取した沿岸部に住民に「水俣病」が発生した。
しかしその後、驚くべきことが起きる。
被害のあった水俣湾で、水銀を浄化する微生物が発見されたのだ。―

自然を破壊した人間を救ったのは自然だった。

そのニュースを見て驚愕した宮崎駿さんは『風の谷のナウシカ』のマンガを
描きあげ、アニメ映画化したのだそうです。
確かに、作品中に存在する腐海とはそこに在る植物が猛毒ガスを放出する場所だが、物語の後半にはこれが地球上の毒素を浄化するバイオエデュケーションの一種であることが明らかとなる。腐海の底には浄化された新しい世界が広がっているのです。だからナウシカは腐海を焼いたり、蟲たちと戦うことを止めようとするのです。


人間はこの地球に存在し、自然を壊しながら自然に生かされている。
木々は大量に放出された二酸化炭素を酸素に変えてくれる。
植物、微生物は水銀を浄化してくれる。
もしかしたら、今広がりつつある放射性物質を浄化する微生物や植物が既にどこかで生まれ始めているかもしれない。
今こそエネルギーについて考え、自然へ想いを馳せるべきなのかもしれない。


人々が支え合い、助け合い、再生復興に勤しむ姿を見れば誰を責めることも恨むこともでない。

こんなにもちっぽけな自分に、今、何ができるのか、考える。


被災地の復興を心から祈ります。


| - | 22:36 | comments(6) | trackbacks(0) |
はじめまして。
私もスタジオジブリの特集を見まして、水銀を浄化する微生物の話で衝撃を受けました。そして、Tenkoさんと同じように、いま起きている放射性物質も、もしかしたら大地の自然によって浄化できる力があるのかも。という思いに駆られました。そして見つけたのがこの記事。

http://media.yucasee.jp/posts/index/7021

何ということでしょう。。本当に大自然の力は偉大です。
| ドラ | 2011/03/25 12:51 AM |
tenkoさん、お久しぶりです。私も先日録画していた「ジブリ物語」本日見ました。tenkoさんが、以前からおっしゃっていた宮崎作品は自然との共生がひとつのテーマになっているということが、よくわかりました。自然のなりたちを考えると、放射性物質に対応する微生物や植物は出てくると思います。必ず。浄化するかは確信がもてませんが・・・・ただそういう方向に自然は働くはずだと思います。
 被災者の方たちの現実を見ると、とりわけ幼くして孤児になってしまった子どもたち(昆愛海ちゃんの記事は衝撃でした)が何百人もいると思うと胸が痛みます。ひとりひとりは微力かもしれませんが、今すぐではなくとも有形、無形色々なことが出来ると思います。
 ジブリ作品ともかぶりますが、本当に私たちはエネルギーや自然に対して正しい方向で進んできたのだろうか?と考えてみる必要はありますよね。
 現東京都知事は大震災の翌日「あれは天罰だ」とマスメディアにむかって言いました。「バチがあたったんだと」この発言はあらゆる意味で間違っていると思う。いや間違えたじゃ済まない話だと私は思っていますよ。
 
| うちかわ | 2011/04/03 5:48 PM |
ドラさん、コメントありがとうございます!!
お返事に1カ月もかかってしまい、大変申し訳ないです。
しかし凄いですね〜ヒマワリ!
教えてくださってありがとうございます。本当に驚きました。早く実用化されて効果がでると良いのに。
自然って偉大です。
ありがとうございました。
| Tenko | 2011/04/22 9:06 PM |
うちかわさん、お久しぶりです!
コメントありがとうございます。ジブリもみてくださってありがとうございます。
本当に微力でも何かできないか、何もできない。何かできないか…とテレビなんかばかり見てると、どんどん日ばかりが経ってしまいます。が、うちかわさんの言葉で希望のような気持ちも湧いてきました!
とにかく考えましょう。みんなで。


| Tenko | 2011/04/22 9:14 PM |
Tenkoさん、お元気ですか?

ぼくの身近にもかなりありますが、仕事のついでに、茨城・神栖というところの海にある風力発電の風車を見てきました。強い海風受けて、よく回っていました。
昼間に見ていると、なんとかなりそう?と、(楽観的な)希望が少しだけ湧きました。

ヒマワリの記事、面白いですね。ドラさん、ありがとうございます。
朝日新聞によれば、ヒマワリ、なたね(菜の花)で土壌改良の実験、早速始まるようです。http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105060447.htm

『100000年後の安全』という映画、これも気になりました。
http://www.uplink.co.jp/100000/

それぞれが、鉄は熱いうちに打って、しかも、持続させねば、と思います。まだ『ミツバチの〜』観ていないので、来月のアンコール、観に行きます。

あ、Tenkoさん、歌、ウタ、です。
まめッこさんも尾林さんも、地震後、力強く歌っていました。安心しました。
Tenkoさんのうた聴きたいです。ライブ、待っています。
(海を観に、また銚子にも来てくださいね、ぜひ)
| コボ | 2011/05/10 11:19 PM |
コボさん!ありがとうございます!
神栖というところにも風力発電所があるんですね。
『100000年後の安全』私も観たいです。使用済み核燃料を地中に埋める。怖い怖い。これは私の大好きなフィンランドのお話ですね…。

うた。
応援ありがとうございます。私、ライブやります!
もう少し待っていてください。
| Tenko | 2011/05/12 12:24 AM |









http://blog.tenko105.net/trackback/1428077