Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
スクリーンに映し出された詩
<< 青春編とフライヤーの完成!! | main | 夏、モノクロームからShikisaiへ >>
Scarlet-オトナだってロリータ-
9月5日土曜日。
渋谷7th FLOORにて。

Scarlet-オトナだってロリータ-
にご来場いただきました、たくさんのお客様に心より感謝申し上げます。
共演者、スタッフの方々ありがとうございました。

さっそくライブムービーが完成しております!!
あの黒の世界をもう一度。




Scarlet           

静寂それは毎日のことで  無防備にそっと寝そべっている
光と雲が流れるのを  ただ見てるだけ

脳裏には、昨日の悲しみ、そのくちびるに、触れたくなる、、、それはつまり、

Scarlet 目を閉じると ほら 暗晦の向こうから聴こえる 声
耳元から胸に落ちてきて  この夜を締めつける 

脆弱ぼくは満身創痍で  思考を完全に殺している
だけどあなたはただ静かに  笑ったりするだけ

ことばとは、約束とは、愛とは、悦びとは、、、それはつまり 、

Scarlet  理由なんてないよ  肥沃な体から海へ流れる   夏の、、、
雨上がりの空は なぜ こんなにも 美しいの?

Scarlet  幻じゃないよ 汗ばむ肌に触れ 伝わる鼓動
夏の雨上がりの空が ほら 耀いてる ふたりの上に


以下、当日配布プログラムより

イベントに向けて
近頃の私は、少しの胸苦しさをずっと感じていました。
急に気温が下がり、秋を感じたからでしょうか。恵愛する写真家セバスチャン・サルガドのドキュメンタリーを観たから?それとも政治の暗雲か。原因はわかりません。きっと毎日の様々なことが混じり合って、今の気持ちや伝えたい思いが生まれました。それは、、、。今日のライブに際して、メインの曲「Scarlet」にプラスして「まぼろし」と「Shikisai」という歌を作りました。これが私の今の気持ちです。

ロリータとScarletについて
ロリータは、いわゆるのロリータファッションではありません。映画「ロリータ」のヒロインが持つ魅惑の少女性、屈託のない幼さの中に潜む女性性をCUTが服で表現したものです。それを少女ではなく、大人たちが着るのです。「Scarlet」は、この服のために作った曲です。Scarletとは緋色という色のことで、口紅の赤のイメージです。また、意訳すると「商売女」「淫らな女」という意味もあります。CUTの服を着た大人たちを曲で表現したいと思います。
| - | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.tenko105.net/trackback/1431346